ブログ運営のいいところが見えてきました

このブログ運営を始めて1ヶ月程度ですが、記事を書いていくうちに、ブログ運営のいいところが色々見えてきました。

今回はブログ運営の良さを記事にしました。

スポンサーリンク

自分が書いた記事は自分のもの

当然なことですが、自分が投稿した記事は自分だけのものです。

仕事柄、社内向けのマニュアルとかお客さん向けに操作の手順書を作ったりすることがあるんですが、こういうのって基本的に作ったら会社のものになっちゃうんですね。会社に勤めてる以上仕方のないことなんですがね、、、

しかも自分が作ったマニュアルが自分の役に立つことってそんなに無いんですね。そりゃあ、自分が作った資料ですから。そして、それが自分のメリットになることもさほどありません。作り損ですよ

人に見てもらうという意味では、ブログも社内マニュアルと似ていますが、決定的に違うのは自分が書きたいこと、伝えたいことをそのまま書けることとか、記事が自分のために収益を出してくれるとかですね

会社にいるときには絶対に感じられない充実感を感じられます

誰にも文句を言われない

会社で資料作ると、必ず手直しされます。
会社としては、質の高い資料を作りたいので当然ではあるんですがね。毎回毎回修正されると、流石に心折れますよ。
そのうち、どうせ修正されるから適当でいいやってなってしまいます。というか既になってます。

ブログは管理を自分自身で行うので、誰にも手直しされませんし、文句も言われません(反社会的なこと書けば炎上はしますけどね)。

責任も自分自身にあるので、自分で考えることができます。
自由に書けるのって素晴らしいことですよ!

記事の価値は残り続ける

他社のために作った手順書はもちろん、社内向けのマニュアルも会社の方針ひとつで存在価値が無くなったりします。何回か経験しましたが、悲しいものですよ。

ブログの場合は、一度書いた記事の価値が無くなることは滅多にありません。いろんな人が巡り巡って記事を見てくれるので、永遠に生き続けるんですね。

そして、記事を書けば書くほど自分のものとして積み重なり続けるので、どんどん楽しくなってきます!

納期が無い

どんな、仕事にもいつまでにやらなければならないという所謂納期が必ずあります。

仕方の無いこととはいえ、納期に終われるのが好きな人なんていないでしょう。

しかし、ブログはそんなものは無いので、自分の書きたいときに書けば良いので非常に気楽です。誰にも文句は言われませんからね

毎日書いてもよいし、気分が乗らないときは次の日更新すればよいんです

いつでも更新できる

いまの時代、スマホひとつで簡単に記事投稿ができます。もちろん、レイアウトとかのサイトの更新はパソコンでやりますが、記事はいつでも書けます

ちなみにこの記事も会社の昼休みにご飯食べながら書いていますよ!

まとめ

ブログ運営には良いことがたくさんあります。何より自分のペースでできるのが気楽でいいですよね。
みなさんも時間を少しつくって、ブログやってみてください。心が豊かになりますよ。

スポンサーリンク